ボルゾイの特徴再認識

  パピールームからパピー達が土間へ引越しをしたので、ちょっと寂しくなった八畳ですが、ポメ軍団はここにとどまります。

DSC00611_20170707202531758.jpg

 なぜかと言うと、危険だからです。

DSC00609_20170707202529401.jpg

 ジャスミンもアイザックもパピー達も、みーんなポメ軍団に面倒見てもらってきたのに、油断はできません。

 普段は本当に仲良しなんですよ。


 でも、始めは遊んでいても、ボルゾイはだんだん興奮してきて、力が入ってしまうこともあります。

 また、神経質なところがあるので、小型犬が目の前をちょろちょろするとイラッとして噛みつくこともあります。

 日々の生活の中で、のんびり、ゆったりソファーで寝ていたりすることの多いボルゾイですが、どんなに改良を重ねてきても、

 やはり、初期の用途である狼狩りの特性は消えてはいないのです。

 良く、猫ちゃんと一緒に飼われている方がいらっしゃいますが、それは本当に素晴らしい事だと思います。

 しかし、犬同士ではうまくいかないことも少なくありません。

 我が家でも留守番をさせるときは、必ず分けます。

 ランで遊ばせる時は一緒ですが、犬だけで遊ばせることはしません。

 必ず、母ちゃんがつきます。

 ボルゾイは実に温厚で人間が大好きで、愛情豊かな犬種であることは確かですが、それがすべてではありません。

 攻撃性も十分備えています。

 訓練をしたつもりでも攻撃することに夢中になっているときは、本能が獲物をしとめよと指令を出しているので、制止のコマンドなど聞く耳を持たないこともあります。

 我が家の子達とて例外ではありません。良い子達ではありますが、100%ではないと言うことです。

 母ちゃんは、ブリーダーとして、子犬を売り込むために良いことばかりを言うようなことはしません。

 その犬種の本来の姿をきちんと理解した上で、飼うことに責任を持って下さる方にのみ、お譲りいたします。

 ボルゾイによる不幸な事件が起きないように母ちゃんも細心の注意を怠らないように頑張りますが、どうぞ皆様もよろしくお願いいたします。






オーナー様募集中でーす!

2016年 12月16日生まれの女の子たちです。

父 アイザック  JKCチャンピオン(両親共にチャンピオン)
 母 エカテリーナ チャンピオン挑戦中(父インターナショナルチャンピオン 母チャンピオン)


  室内飼いで家族の一員として生涯共に過ごしてくださる方にお譲りしたいと思います。
  初めて犬を飼う方、転売や繁殖をお考えの方はご遠慮ください。

  お問い合わせはeメールまたは携帯にお願いします。

  eメール:  aanarusawaden@hotmail.co.jp
  携帯:  090-4820-9545



 久々に、ランキング参加です。 ポチっとお願い~。サンキューでーす!


にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント