子ボルの選び方 その1

CIMG4863.jpg

 夜遅く、雑多なことが終わって、PCのふたを開けると、待ってましたとばかりにティナちゃんがやってきます。

 抱け、と言うんです。

 まあね、ポメは抱き犬だからしょうがないんだけどね。

 5kg以上あるからさ、けっこう重いのよ。

 でもボルゾイは抱けないので、こうして膝の上に乗せられるわんこもなんか癒される感じがしていいわぁ。


CIMG4866.jpg

 ところがそれを許さないやつがいるのだー!

 母ちゃんに飛びつくティナちゃんのかかとに喰いついて嫌がらせをするやつ。

 ティナちゃんは羊じゃないっつうの。

 母ちゃんのお膝から降りるまでじーっと見張っています。

 何なんだろうね、この犬種の特徴って?

 ほんと、良く分からん。


CIMG4972.jpg

 そして、ティナちゃんがいなくなるとすぅーと甘えてくるやつ。

CIMG4974.jpg

 もう本当にどうしょもない子なんだけど、やっぱりかわいいってか、だからかわいい・・・・・・・ジャっちゃんです。


 えっ? いいから早く本題に入れって?

 はいはい、失礼いたしました。



 子ボルの選び方その1(そんなこと知ってるわいなんて絶対言わないでよ!ああ、でも言いそうな人がいっぱいいる気がする~。 ま、いいか。)


CIMG4893.jpg

◎鼻は黒に近いほうがよい。

CIMG4889.jpg

 こちらはネリです。まだこれからですね。上はケフィーです。

CIMG4939.jpg

 ◎耳は目じりより上についていて折れていなければよい。

CIMG4935.jpg

◎肛門の色がきれいなものがよい。

 ディーディーです。

 あ・・・女の子のお尻だったー、ごめん。

 次回につづく~。






今日も読んでくれたぁ? ありがとね! そしたら 
ここを↓
 ポチッとしてくれるとうれしいな!
にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

我が家の子犬選び、実物見てねぇー!

ニューファンのルリーは電話だけで47日で愛媛から送ってもらったし、ディノは一応名古屋に見に行き引き取ってきたけど、オーストラリアからの空輸で、親はオーストラリアだったから引き取ってから親の写真をオーストラリアから送ってもらったよ(アイリッシュウルフハウンドって送ってもらったけど違ったのだ)

イディアは親元が近所だったから、生まれた日に見に行き決めたんだよね。
アヴィンも里親募集で連絡して、お母さんにそっくりな子犬を送ってくださいと伝えて来たアヴィンだよ(*^o^*)
だから、正直子犬の良し悪し見て、子犬達を我が家に迎えてないなぁ(∋_∈)

でもみんないい子になったから、これも縁だね(o^∀^o)

それそれ~
うちのロビンも同じことするよ(笑)
レッチャンが乗ろうとすると なんか阻止しよーとするし
降りるまで 見張ってたり 降りた瞬間 チャッと仕掛けたりするんだよ~(笑)

ボルゾイとは違う面白さがあるけど……
ボーダーの相手は疲れる(笑)

to ディノママさん

やっぱりさー、家族として迎えるなら健康で生き生きした子がいいじゃん。ましてやお金出して買う訳だらね。
 保護犬の場合と違って、とにかくこの子を助けたいと言う訳じゃないからね。
 相性もあるだろうし、いろいろなところからじっくり見てもらって、納得して迎えてもらえれば、子犬もきっと愛されて幸せになれるさ。

 ディノママさんとこはみんないい子で良かったね!

No title

えー、そうなんだ!
やっぱり同じか!
リンだけが性格悪いせいかと思ってたー。
なんかあるんだよね、きっと。
ボーダーの専門家に聞いてみたいなあ。
犬の行動には絶対理由があるはず。
行動学をもっと学びたいもんだ。
ボーダーのブログ村にでもおじゃまするかね。
プロフィール

ジャスまま

Author:ジャスまま
FC2ブログへようこそ!

ボルゾイブリーダー
犬舎名 エカテリーナJP
動物取扱業 茨城県第2175号
水戸市在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる