マズルの太さ

CIMG6654.jpg

 向かって左がエカテ、右がネリのすけです。

 もうママと同じか少し大きいかなというくらいになりました。

 似てるような似てないような親子ですが、マズルの太さが全然違います。


CIMG6653.jpg

 ネリのすけは男の子だから、すべてにおいてママより作りが大きいです。

 でも、このマズルがどうもアンバランスな感じでねぇ。

 まだまだ成長途中なので、これから体全体のバランスが取れてくるとは思いますが。

CIMG6652.jpg

 けっこう立派なマズルなので、あごはしっかりしています。

 エカテはマズルが細くて美しいのが特徴ですが、これが限界です。これ以上細くなるとあごが弱くなったり、歯並びが悪くなったり、歯が入りきらなくなったりしてしまいます。


CIMG6634.jpg

 ザックです。  頭が大きくてアンバランスな感じでしたが、すっかりまとまりました。

 いかれたやつですが、なかなかのハンサムボーイです。  えっ? こういうの、親バカって言うの?

  ふーん、知らなかった~~~~。(ぁっ、とぼけてないからぁ)






第四回  簡単いんぐりっしゅ~
今日のテーマ ~How are you?の分解その3&三つ目の「~です。」~


 How are you?  とは目の前にいる相手に対して言う言葉。 では、その場にいない人の様子を聞くときはどうする?

 「あなたのお母さんはお元気ですか」なんて言うとき。

 そういうときは How is your mother? ハウ イズ ユア マザーと言います。

 主語(だれが、にあたる言葉)が「私」や「あなた」でなくなり、単数(一人、ひとつ)になると「~です」にあたる言葉は isになります。

 三つの「~です」の使い方は、分かりにくそうですが、実は明確なのです。例えば

 I am tall. アイ アム トール 私は背が高いです。
 You are tall. ユー アー トール あなたは背が高いです。
 My father is tall. マイ ファーザー イズ トール  私の父は背が高いです。

 というように、主語が I の時はam しか使えなくて、主語がyouまたは複数のときは are 単数のときは is というルールさえ覚えてしまえばOKなのです。

 英語は数にうるさいのよ。  一つ(一人)かそうじゃないかでえらい違いがあるのさ。

 最後にひとこと、これらの三つの「~です」をまとめて「be動詞」と言います。

 be動詞についてはまた今度~。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント