二つのシェルター

 この写真と文章は最近の保護団体エンジェルスのブログ記事です。

 エンジェルスでは、ここ3年ほどの間に500頭からの子犬を広島の保健所などから引き出しています。


20160812192413bc5[1]
僕ね、広島からやってきたよ。

おかぁさんも兄妹も居なくなって、一人ぽっちだったんだ。

怖くて怖くて、毎日毎日ビクビクしてた。

隣の子も、その奥の子もみんな、怖くて丸くなってたんだ。

日が変わると、僕は檻が代わって、奥へ奥へと移動していくんだよ。

僕と同じくらいの子が、沢山檻に入ってるんだ。

ずっと檻の中で過ごすんだ。

出たくても絶対出れない太い鉄の柵。

そんな日を何日も何日も過ごした時、ニコニコ笑ってるおじさんとおばさんが、「大丈夫だよ!!さぁ行こうね」と、声をかけられたんだ。

そして、今度は細い柵の入れ物に移って、大きな車に乗せられたんだよ。

車の中は涼しくって、ウトウト眠っちゃったよ。

とっても遠い所まで来たよ。

広島県から滋賀県って、とこに到着したんだ。

沢山のワンコが、ワンワンと出迎えてくれた。

真っ暗だったから、その日はぐっすり寝ちゃったなぁ~。

そして、次の日の朝・・・・。

前に居た場所とは全然違う雰囲気だった。

働いている人達が、僕を見てみんなニコニコして、声を掛けてくれるんだよ。

なんか、嬉しくなってきてちょっとしっぽを振ってみたんだ。

みんな、「良い子だね~可愛いね~」って、手を差し出して、匂いをかかせてくれて挨拶してくれるんだよ。

そして・・・・「おいで!!」の声と一緒に、両手が伸びて来たんだ。

僕、どうしていいかわからなかった。。。。

また、丸くなっちゃったよ。

そうしたら、おねぇさんが「怖くないよ~大丈夫だよ~」って優しく首を撫でてくれたんだ。

そして、胸の中に優しく抱き寄せてくれたんだ。

とっても幸せな気持ちだった。。。

何だろう・・・かぁさんのお腹に入って行く時を思いだしちゃったよ。

あれから・・・・一ヶ月近くかな。

おねぇさん達は、僕に「本当の家族がポッポを探してるよ。見つけてもらわなきゃね~」って言うんだよね。

明日は、大阪ってとこに行くよって言われたよ。

そう、本当の家族を探しに・・・・・。

ポッポちゃん、コロコロモフモフちゃん、2.5ヶ月です。

あなたのおうちの子ではありませんか?

赤い糸は見えませんか?

どうぞ、見つけてあげて下さい。

沢山の子達を行政の殺処分センターから引き揚げています。

一頭が卒業出来れば、また罪なき命が、救われます。

子犬であろうが、老犬であろうが、純血種であろうが、雑種であろうが、公示期限が過ぎれば問答無用で、ガス室に送られていきます。

殺される為に、この世に生を受けたのではありません。

皆様のお力で、どうか命を繋げてやってください。

滋賀本部も成犬・子犬合わせ、250頭と満杯になっています。





そしてこちらは、ペット里親会のブログです。

c7fe5891-s[1]
 
 今月に入ってから保護された子たちの中の一頭です。

 まだ子犬です。


d0cd21e6-s[1]

 栄養失調と暑さでやられ、立ちあがることもできず、血と膿が身体中から滲み出し、ものすごい腐敗臭だったそうです。

dfbf8250-s[1]

 アカラス、マラセチア、お腹はコクシジウム・・・・・

 でも、レスキューされてからは、十分なお水と美味しいご飯を食べさせてもらい、お風呂に入ってきれいにしてもらいました。

 そして、治療がスタートしたそうです。

 私は始め、トイプーかなと思いましたが違いました。

 何だと思いますか?
 





 サモエドなのだそうです・・・・・

 ほんと、あんまりだよね。

この子の目を見てください。

 だれも恨んでなんかいないでしょ。

 素直で、優しい目ですよ。

 こんなに良い子をこんなふうにしてしまったのは人間です。

 どうしてこんなことができるのか、同じ人間として理解に苦しむわ。





 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

記事を読みせつなくなります。
たまに、保護団体様のサイトを覗きます。
自分に何が出来るのかと考えさせられてしまいます。
せめて、自分の身近な子たちだけでも幸せになってもらいたいために努力はしていますが、ここが自分の限界です。
保護団体の皆様頑張って下さい。

to ニコルパパさん

 本当にせつないし、腹が立つし、やるせないですよね。

 自分が億万長者だったら、一気に解決できるのに!なんて
 思っちゃいます。

 こういう記事を載せると、自分には何もできないと思って後ろめたく感じたり、自分の無力感にさいなまれるのを避けようとしたりする人が多いのではないかと思いますが、それはまったく見当違いです。

 世の中に対して、それは違うだろ!と言ってくれるだけでいいんです。

 だまっていてはだめなんです。

 反応してくださったニコルパパさんの勇気にめっちゃ感謝します!

お久しぶりです。
ブログに里親会を載せていただきありがとうございます。
我が家は里親会のブログに出てくる「八ヶ岳ケアハウス」です。
レスキューされた子達に罪はありません。この子達が辛い悲しい思いをしているのは人間と言う欲の塊。この欲の塊の犠牲になっているのがこの子達なんです(涙)
この子達を救えるのも人間です。
この子達がこれから幸せの赤い糸が繋り、笑顔になれるように宜しくお願いいたします。
人と動物が共存できる世の中になることを願いたいですね

to アポロママさん

 コメントありがとうございまーす!

 この子本当に悲惨ですね。里親会にレスキューしてもらわなかったらどうなっていたか・・・。

 毎日どんどん元気になっていく様子を見ていると、私も元気がでてきますよ~。

 来年には第二ケアハウスを作りたいと思ってます。もし実現したら
まず始めに、アポロを拉致しに行きますからねー!